スポンサーサイト

  • 2018.02.12 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    幼稚園の個人懇談、冬の陣。相変わらずの対応だった。

    • 2017.12.18 Monday
    • 23:59

    今日は、幼稚園の個人懇談でした。

    といっても、他の方はないんですけどね。我が家だけの特別懇談であります。

     

    なんで特別に懇談なんてやってんだよ?ってことなんですけど

    例の「転園」についてのあれこれですね。

    今回も、副園長先生が立会いのもと行われました。

     

     

    教室につくや否やの担任の先生の第一声が

    「なんだかお別れって思うと寂しくなってきちゃいました」でした。

     

     

    うん。でも、お別れの方向へグイグイアピールしてきたのはそっちだよね(;´∀`)

     

     

     

    はじめは、最近の息子の様子なんかを担任の先生から教えていただきました。

     

    ・以前と比べると、パニックになって走り回ることがなくなった

    ・些細な事で癇癪を起すことはあるけれど、頻度が減った

    ・お友達の輪にも入ろうとすることが増えてきた

    ・誰かが泣いていたりすると、「〇〇したらいいんちゃう?」などの声掛けをする

    ・相変わらず、自分が注意されるのは嫌い

     

    などなど、以前と比べるとかなり落ち着いてきたことと

    お友達完全拒否だったのが、少しずつ心を許してきてくれていることを教えてくれました。

    先生もだけど、私にとってもすごく嬉しい変化です!ヾ(*´∀`*)ノ

     

     

    今日は、「スモックは軽いけど、体操服の入った袋は重たいから持つのが嫌だー」と息子がグズグズしていたら

    お友達が、「じゃあこっちもってあげるよ」と言ってくれたようで、

    それに対して、息子が「ありがとう」と言っていたそうです。

     

    このやり取りには、ちょっとびっくりです!

    今までは大人がやることにこだわっていたはず。

    これって、お友達関係に少し変化がみられてきたのではないでしょうか(゚Д゚;)

     

     

    入園前は手をつなぐのすらダメだったことを考えると、かなりの進歩だと思います。

    集団生活に入ってから伸びてきたところもちゃんとあるんだよー(´;ω;`)

     

     

    だけど、まだまだお友達とのやり取りには難があるようで

    自分の思い通りにいかないと、軽くチョンチョンしてしまったりはするそうです。

     

    今回は、役員仲間の男の子をチョンチョンしてしまったようなのですが

    驚きの事を知りました。

     

    役員のお母さん、前に私が悩んでいたことを知っていたからだと思うんですが

    先生に「子ども同士の事だし、うちらの子は大丈夫!見守ってあげておいてください」って言ってくれてたみたいなんです。

     

    前に、「それくらい年少だったらあることやし、気にしやんといて!」とは言ってくれていたんですよ。

    先生からこのことを聞いた瞬間に、ブワーッと涙がこみ上げてきました。

    ありがとうって気持ちと、なんかごめんって気持ちとごちゃまぜになって。

     

    先生は「皆が皆そうだったらいいんですけどねぇ〜」って言ってました。。。

    うーん。。。

     

     

    そんなこんなしていたら、副園長先生が登場しまして、本題に入りました。

    といっても、「転園決まったんですね」って話でした。

    その内容がなんともまたモヤるものでした。

     

    ・今まで関わってこれたことを誇りに思う

    ・以前の事を思うと、息子くんは成長したと思う

    ・いろんな人の手を借りたから、みんなが息子くんの事を知っている

    ・転園しても応援している

    ・別れは寂しく感じる

    ・年中になると、息子くんにとっては厳しいものになると思うので、少人数のところがみつかって良かった

     

    ここまででも十分モヤるものがあるのですが、

    さらに言われた言葉に今回は我慢できずに少し言い返してしまいました。

     

    ・転園はお母さんが決意された事。園は提案をしただけ

    ・今、一番子どもとかかわりを持っているのは我々

    ・息子くんの事を一番に考えたうえでの提案だった

    ・相談所の先生は、少ししか関わっていないから実態がわからないんじゃないか

    ・問題を抱えているのであれば少人数と教えられている

     

    などなど、他にもいろいろあったけど「はぁ?」って感じの事がいくつかあったんですね。

     

    いやいや、思いっきり転園促しましたやん。

    園側が提案しても、残っている人は残っているからっていうけどさ

    提案なんて可愛いもんじゃなかったぞ!(゚Д゚;)

     

    そしてさ、今一番子どもとかかわりを持っているのってさ先生より親だろ。

    園で過ごす時間が長いとはいえ、私の方が絶対にかかわりを持ってるわ!って思う。

     

    でさ、相談所の先生ディスってんじゃねぇぞ!

    少なくても、園の先生方よりは理解あるからね。

    ちゃんと息子の事を考えてくれているからね。

     

    「発達障碍であっても、1人1人みんな接し方は違うから子育ては皆同じ」って言ってたのそっちじゃん。

    何が、問題を抱えているのであれば少人数と教えられましただよ。

    それこそ、発達障碍っていっても、いろんなタイプがおるわ。

     

     

    別に切り捨てるわけではなくって、「提案をしただけ」ってめっちゃ強調していたけれど

    思いっきり切り捨ててますやん。

     

    転園していった例と、そのまま残ってくれた例って言ってたけどさ

    それって、同じように問題を抱えていて転園していったって前例があるわけだよね?

    「皆さん、転園して良かったって言われてました」って言ってたけど、オイオイだよ。

    そりゃ、転園して良かったってなるわ。

     

     

    思わず「他にもこういう感じに声をかけている方がいらっしゃるんですか?」って聞いちゃいました(;´∀`)

    今の学年は、ここまでの提案をしたのは息子だけだそうですよ。

    聞くんじゃなかった!←

     

     

    もうね、ほんと残念園だわ。

    責任転嫁すごすぎて草も生えない。

    お手上げとかそういうわけではないって言ってたけど、どう考えてもお手上げしてるじゃん。

    何が応援してるだよ。

     

     

    「誰がこの提案をしようと判断したのですか?」って聞いたら

    副園長先生が胸を張って「私です!」って言ってたわ(;´Д`)

     

     

    今日は、バス乗り場が同じの同級生から

    「体操教室は、先生は出来る子ばかりかまって、出来ない子は放置っていうかノルマこなしているだけっぽい」

    という、体操教室の悪いうわさを聞いて衝撃だったんだけど

    ほんと、この園は優秀な出来る子が好きなんだなって事がわかりました。

     

     

    で、書類とかなんかの話があるんかなぁって思ったのですが

    3月まで在籍しているから急がないそうで。。。

    今回の懇談は、ほとんど傷を抉られて終わりました。

     

    何しに行ったんだろう私。

     

     

    息子はというと、私が懇談に行っている間に実母が家に遊びにきてくれたのでホクホクでした。

    母と一緒に「忍者ごっこ」と「もじぴったん」をしたそうです。

     

    母「忍者ごっこしていたら、途中でフラフラしてきたわ」

     

     

     

    二学期も残り3日。

    何事もなく冬休みを迎えることが出来たらと思います。

    気持ち切り替えて頑張るかー(*´▽`*)

     

     

     

     

     

     

     

    参加中


    にほんブログ村


    育児 ブログランキングへ

     

     

    ブロトピ:ブログ更新しました

    ブロトピ:ブログ更新しました

    ブロトピ:今日の育児日記

     

    スポンサーサイト

    • 2018.02.12 Monday
    • 23:59
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      ウルさん、こんばんは。
      個人懇談お疲れさまでした。

      副園長先生。。。
      なんとも不思議な方ですね。
      私ならお礼のお菓子は担任と副担任だけにしてしまうかもです。。。
      息子くんが担任の先生のことが大好きだったから、転園の方向になって本当に残念ですね。(←お伝えしたら先生の心に響くことがあるでしょうか)
      甥っ子くん、姪っ子ちゃんの心配までされてウルさん、本当に優しすぎます。

      同じ役員のお母さんのエピソード素敵ですね。
      転園のことを聞いたら悲しむでしょうね。

      私は引越し直後の入園だったので、のびのび系の幼稚園一園を見学して、決めてしまいました。
      マンモス校で、年長まで担任副担任の二人制で、フリーの先生を入れると100名近くいます。
      うちの息子がウルさんと同じ幼稚園だったら、厳しかったように感じます。

      私も今月、片目だけ結膜炎(目やに大量、目が曇る)になりました。
      そして、扁桃炎になり、寝られないほど痛いです。
      トホホ(笑)

      ウルさん、来年が佳い年になられますように☆




      • みりん
      • 2017/12/19 1:07 AM
      みりんさん>コメントありがとうございます!

      副園長先生。。。なんとも不思議ですよね。
      なんかもう「発達障碍=少人数」という考えが揺るぎないっていうか、絶対!って感じですね。

      先日も、うちのクラスではないのですが、給食中に食べ過ぎた子がチョロっ吐き出したらしく
      全員、部屋から退避&給食撤収。残ったパンをみんなで分け合って食べたそうです。
      副園長先生が、研修でそういう風に教えられてきたとかで。。。
      ある意味若い先生の方が柔軟に対応してくれるのではないのかと思ってきました;

      菓子折りは、他の方々のアドバイスも受け「手切れ金」としてお渡ししようと思います。
      気分的には菓子折りな気持ちではないですけどね。
      でも、やっぱり息子は担任の先生の事が大好きなようで、今朝も登園前に手紙を書くと言って書いていました。
      息子が先生の事が大好きだって思ってくれているだけでも救いだと思うようにしています。

      役員仲間の方には、まだ転園の事はお伝えしていないんです。。。
      こちらもいつ伝えればいいものかと悩んでいるところであります。
      送迎の時は、お互いバタバタしていてあまりゆっくり話せないのですが、折を見てお礼をいわなくちゃです!

      みりんさんのところは、すごいマンモス校ですね。
      先生が100名もいらっしゃるなんてすごい!
      クラスに先生が2人いると安心ですね。
      うちのところは、1人になっちゃうのが辛いところでした。

      みりんさんも結膜炎?!といいますか、扁桃腺も!
      痛くて眠れないほどだなんて大変じゃないですか。
      どうか、お体ご自愛下さい。

      もうすぐ今年も終わりですね。
      お互い素敵な年明けになりますように♪
      • ウル
      • 2017/12/19 3:02 PM
      ウルさん、お返事ありがとうございました。

      発達に問題のある子どもは受け入れられない園は氷山の一角かもしれません。
      こういう園が減り、悲しむ親子がいなくなるよう願っています。

      私の息子は3歳2ヶ月でほとんど話せず、オムツが取れていなかったのですが、受け入れてもらえました。
      今、考えると園の受け入れ体制(先生の人数、経験の長い先生が多数)が整っている園でした。
      でも、入園前は受け入れてもらえない園があるなんて、思ってもみませんでした。
      少しグレーの部分はありますが、先生は息子のペースで成長すればよいし、卒園する頃が楽しみだと言ってくださいました。

      菓子折りをお礼として渡すと副園長先生はますます自分の考えが正しいと思われるでしょうね。
      次に転園を促される親子がいるかと思うと気の毒でなりません。
      園への菓子折りは無熨斗でも良さそうな気がします。
      (私も以前、感謝の気持ちから菓子折りをお渡ししたことがあります)

      新しい園で先生方、保護者の方、お友達とのステキな出会いがありますように。
      心から応援しています☆
      • みりん
      • 2017/12/19 7:55 PM
      みりんさん>コメントありがとうございます!

      発達に問題があると、受け入れ拒否をする園はあるようですね。
      受け入れ拒否なら拒否で、入園前に言って欲しかったっていうのが本音です。

      「提案をした結果、残ってくれている人もいるし、転園していった人もいる」って言葉からも
      我が家が特別というわけではなく、前例があったって事ですので。。。
      どうしても、不親切だなという風に感じてしまいます。
      (表立って拒否が出来ないから、受け入れ後に転園を促している?)
      ほんと、後にも同じような事がない事を祈るばかりです。

      そして、みりんさんの園の体制すごいですね。
      受け入れることが出来る状態っていうのがいいなって思います。
      先生の成長を見守る言葉も素敵!
      「卒園する頃が楽しみ」だなんて、めっちゃ嬉しいお言葉です♪
      これくらい、ドーンと構えて受け入れてくれる園が増えればいいなと願わずにいられません。

      今の園は、もうどうしようもない状態なので、新しい園での生活を楽しみにしています。
      新しい環境になっても馴染んでいけるといいな。

      • ウル
      • 2017/12/20 10:09 PM
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>

      フォローはこちらから

      LINE@の登録はこちらから

      友だち追加

      参加中


      育児ランキング

      にほんブログ村 子育てブログへ
      にほんブログ村

      link

      ウルへのメッセージはこちらから

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM