スポンサーサイト

  • 2018.02.12 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    個人懇談で見えてきたこと

    • 2017.08.01 Tuesday
    • 23:37

    先週、手足口病のためにいけなかった個人懇談に

    今日は、息子を母に預けて1人で行ってまいりました。

     

     

    懇談は1人10分という時間が割り振られていたのですが

    他の方は予定通りに行われたようで、後日懇談は私だけだったようです。

    そのため1時間15分も先生とお話してきました。

     

     

    先生、お忙しいのに本当にありがとうございます(´;ω;`)

     

     

     

    「歩かない」「お着替えが苦手」「1人で食べようとしない」

    この辺も気にはなっていたのですが、最近とても気になっていたのが「対人関係」

     

     

    実は、ちょっと前から息子から突然クラスメイトの名前が出てくるようになりました。

    ここは普通なら喜ぶべきところだったはずなのですが

    息子から出てくる話はなんだか不穏な空気。

     

     

    「〇〇くんと、〇〇ちゃんは嫌いや」というような発言。

    理由を聞いても「いたずらするから」という返事。

     

     

    そのお友達の名前は先生からも聞いたことがあり

    息子を気にかけてくれて、息子と遊ぼうとしてくれたりお手伝いをしようとしてくれたり

    とても優しい子だと教えてくれていました。

    だから、息子から聞いたときは「なんでや?嘘やろ?」って気持ちでした。

     

     

    息子を朝送っていった時も、お友達は息子に「おはよう」って声をかけてくれていたので

    息子の勘違いかなんかではないのか?と思っていたのですが

    息子がその子に向かって「嫌い!」とはっきり言っちゃってびっくりしました。

     

     

    あわてて、「いきなり嫌いなんて言わないよ。言われたら悲しいよ。」と言ったのですが。。。

    帰ってきてからも「〇〇くんはいたずらするからね」と言う息子。

    もうわけがわからん。

     

     

    で、今日の懇談で謎が解けました。

    そのお友達は本当にいい子でした。感謝してもしきれないくらい。

     

    息子が泣いていたりすると「大丈夫?」と寄ってきてくれたり

    ブロックで作品が出来ると「それカッコイイやん!」と一緒に喜んでくれたり

    それがなぜ「いたずらされた」につながるのかと不思議だったのですが

    その時に、息子に触ったというのが原因だとわかりました。

     

     

    感覚過敏と対人の合わせ技ですね。

    人から触られるのが苦手&同じ年頃の子どもが苦手という。

     

     

     

    せっかくの好意でも、息子にとったら嫌なことに変換されてしまうのかと。。。

    そのお友達に申し訳なくなりました。

    大丈夫?って声をかけて、「子どもは嫌いや」と拒否されるって

    めっちゃ嫌な気持ちになるよなと。

     

     

    幸い、そのお友達はショックを受けているという事はないようですが

    これから成長とともに気づき感じますよね。

     

     

     

    大人でさえ感覚過敏なんて理解しにくい部分があるのに

    子どもならなおさら難しいですし。。。

    どうしていけばいいものかすごく悩みます。

     

     

    で、息子から優しいお友達というのも聞いていまして

    こちらも先生に話を聞いてみたのですが、そのお友達はけっこうバーンというタイプらしく

    息子が泣いていたとしても「なんで泣いてんの?」という感じらしいです。

    たまに足が出ることもあるとか。

     

    だけど、この子は息子の中で優しいお友達らしいです。

    (クラス写真でもいっていたので人違いではなさそう)

     

     

     

    ここからも、息子にとっての判断基準が距離であることは間違いなさそうです。

     

    近づかれる、触られる→嫌だ、いじわるされる

    距離をあけてくれる→安心できる、優しいお友達?

     

     

    凄い理不尽極まりない気がするのだけれど

    息子からしたら、距離を詰められると不安になり、その気持ちから手や足が出ているようです。

    ここら辺の対応を考えなくちゃいけないですね。

     

     

     

    それに加え、やはり癇癪やパニック(泣いて走り回る行為など)は朝は必ずあるようです。

    放送パニックは少し減ってきたようです。(副園長先生の魔法で落ち着いたのかも)

     

     

    クラスに25人いるのですが、息子にばっかり構えない部分があるという事。

    副担任がいなければとても対応しきれない状態である事。

    他のクラスメイトにしわ寄せがきている部分もあるという事を伝えられました。

     

     

    遠回しにですが、今はまだ年少なので大丈夫だけれど

    先のことを考えると、少人数で対応してくれるところの方がいいのかもしれないとも提案されました。

    そんなにかー。と後になってショックを受けました(;´∀`)

     

     

     

    ここにいる限りは最大限力を尽くすという前提のもとにですけど。。。

    後はこちらがどう判断するかっていう段階なのかもしれないです。

     

     

    以前こちらのコメント欄にも「お互いのために転園」というようなニュアンスのコメントを頂いたことがあるのですが

    やっぱり通常発達の親からすれば、発達障害児は迷惑という風に捉えられて仕方ないのかもとも感じています。

    辛いけど、これが現実(´・ω・`)

     

     

     

    息子だけではない。他の子もいる。

    息子だけが優遇されるわけにはいかない。

    そんなことは、言われなくてもわかってる。

     

     

     

    すぐに答えを出す必要があるとは感じていないので

    医療機関へ行き、息子の様子も見つつ考えていくべきなのかもしれません。

    主人が受け入れられるかどうかが不安だわ。

     

     

     

    まあ、悪い話ばかりではなく息子のいいところも聞けましたよ。

    とにかく、「何か問題が起きてしまったらすぐに連絡をお願いします」と締めてきました。

     

     

    強いパンチなどは繰り出していないようだけれど(あくまで人を払う程度の動きらしい)

    息子にやさしくしてくれるお友達が本当に心配。

     

    ショックな内容もあったけれど、いろいろ知ることが出来て良かったです。

     

     

     

     

    そんなこんな、私が先生とお話している間

    息子は実家で、母秘蔵のミニカーで遊んでいたようです。

    息子はタイヤを引きちぎったり乱暴に扱わないから貸してくれたようです(;´∀`)

     

     

    おもちゃが壊れて遊べなくなるのが悲しいからって理由で

    小さなころからあまり破壊的ではないので、この辺りは助かっています。

     

     

    母からも「めっちゃいい子で待っててくれてたよー」と息子の様子を教えてくれました。

    ここでもやっぱり「大人だけ」っていうのが良かったのだと思います。

    息子を預かってくれて助かりました。

     

     

     

     

     

    さて、ここからまた虫注意なわけですがー

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


     

     

    なんと、またしてもキアゲハの幼虫がパセリを荒らし始めました。

    6匹もいてたよ。。。

    また育てるべきかどうか迷う。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    参加中


    にほんブログ村


    育児 ブログランキングへ

     

     

    ブロトピ:ブログ更新しました

    ブロトピ:ブログ更新しました

    ブロトピ:今日の育児日記

     

    スポンサーサイト

    • 2018.02.12 Monday
    • 23:37
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      面談お疲れ様でした。
      幼稚園に同じような子他にいないんですかね?
      うちの園には数人いて、わたしのママ友の子供(お兄ちゃんの方)が自閉症と診断されて…
      って言ってたけど、補助の先生付いててくれてクラスの皆と遊んでました。
      他にもそんな感じで補助の先生がべったりついててくれてる子もいます。
      そういう体制があれば安心なんですけどね。
      ご主人が受け入れられないっていうのは、他のお家でもそうみたいですね。
      先日NHKの特集でも、旦那さんが受け入れられなくて、と言ってました。
      確かに昔はそういう子供多くて、周りがちゃんとフォロー来てきたんだと思うのですけどね。

      療育とかも今は色々あるようだから、専門家に相談するのが一番良いのでしょうね。
      ウルさんはとっても頑張っていらして凄いです。

      • うずら太郎
      • 2017/08/03 9:52 AM
      うずら太郎さん>コメントありがとうございます!

      クラスにサークルが同じだった多動気味な女の子がいます。
      その子は今はかなり落ち着いてきているようです。
      息子タイプはいないです。
      (他のクラスのことはわからないかも;)

      今の状態では担任の先生だけでクラスを回すのは厳しいようで
      担任+補助の先生+たまに副園長先生がきてくれています。
      息子のためにかなり時間を取っていると言われていたので、なんかもう申し訳なくって。。。
      そういった面からも、遠回しに少人数の方を勧められたのかもしれません。

      主人は、やっぱり受け入れにくいようで「個性だ」と言い張っています。
      私がいくら言ってもたぶん聞き入れられないと思うので、医療機関からなら聞き入れてくれるかなぁって。。。

      とにかく医療機関に行ってからですね!
      頑張ります。
      • ウル
      • 2017/08/03 5:24 PM
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>

      フォローはこちらから

      LINE@の登録はこちらから

      友だち追加

      参加中


      育児ランキング

      にほんブログ村 子育てブログへ
      にほんブログ村

      link

      ウルへのメッセージはこちらから

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM