スポンサーサイト

  • 2018.02.12 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    日曜参観が悲惨だった件

    • 2017.06.11 Sunday
    • 15:27

    昨日、日曜参観のため幼稚園に行ってきました。

    息子の様子を見れるのを楽しみに行ってきたわけですが

     

    なんかもう、いろいろ酷すぎました。息子が。

     

     

    とにかく落ち着きがないわ、「無理〜無理〜」と泣き叫んでるわ

    「かーちゃんと一緒!うわ〜ん」と主人を拒否。

     

    みんな父親とやっているのに

    我が家はずっと母親っていう。

     

     

    先生にも「息子君、これは結構よくあることなんですよ」と苦笑いをされてしまいました。

    なにこれ恥ずかしい。

     

     

    事あるごとに「無理」を連発し寝そべる息子。
    なんなんだこいつは。。。

     

    幼稚園でも家でも一緒じゃねぇか!と

    なんといいますか、すごい脱力感に襲われました。

     

    出席の返事だけは良かったですけどね。

     

     

    家に帰る途中も「車がない〜!ここでお留守番してるから取ってきて〜」と絶叫。

    なんとか家に放り込むも「ご飯食べへん!寝るわ!」と床に伸びる。

     

     

    もうね、ここら辺で堪忍袋の緒が切れました。

    雷を落としたらそのままふて寝してしまいました。

    もうクソガキすぎて草も生えない。

     

     

    その後もイヤイヤを繰り返し、ゲッソリとした1日を過ごしました。

    前の参観よりも成長しているかなとワクワクした気持ちが

    一気にどん底まで落とされたような気がして

    なんだろう。。。もうなんでもいいや〜って気持ちになってしまいました。

     

     

    そして私も伸びました。

     

     

     

     

    先日の手が出た一件をあれからいろいろと考えてみたのだけれど

    私的にはやっぱりストレスによるものかなと思っています。

    息子を追い詰めてしまったのかなぁと、反省しています。

     

     

    というのが、先週くらいに「息子に対して甘すぎるのでは?」という指摘を受けまして

    私なりに自分の事は自分で出来るようにと思って厳しくしました。

    私自身も息子がこのまま何もできない人になるのは嫌だったので。

     

     

    一気に厳しくしたつもりはなかったのだけれど

    息子にしてみれば「いつもしてくれていたのに何で?」と思う部分があったのかなぁと。

    (夜泣きが始まったのがそれくらいから)

     

     

    幼稚園で頑張れるなら、家では甘えさせていいかなと思っていたけど

    それじゃ息子のためにならないのかなぁと、ちょっと突き放したような言い方をしたこともありました。

     

     

    これが息子のストレスによる不安定に繋がったのかもしれない。

    私が外野の意見でフラフラせず貫いていれば良かったのかもしれない。

    でも、甘やかすだけでは息子のためにならないことはわかっています。

     

     

    自分自身も頭の中がぐちゃぐちゃで

    どうしたらいいものか、ずっとグルグルしています。

     

     

    先生に特に不安定になってきた時期を聞いてみようかな?

    聞いたところでどうするんだって話ですけどね。

     

     

    自分の事を自分でするということ。

    それが息子の苦手分野。

     

    今までは「息子のペースでゆっくりやってけばいいかー」なんて思っていましたが

    やはり集団生活が始まるとそうもいってられない部分が出てきています。

     

    すでに「お着替え」や「給食」でかなり遅れを取っていて

    幼稚園へ通う事が息子自身憂鬱になってしまっています。

     

     

    今月末に発達相談へ行く予定です。

    おそらく診断を受ける決意をすることになると思います。

    未だにまわりには「考えすぎ」って言われてますけどね。

     

     

    ある意味、診断がつけば息子自身理解されるようになるのかな?

    私自身も気持ちの切り替えが出来るかもしれない。

     

    「私の育て方が悪いから」「努力が足りないから」

    なんかそうやって凹むことに最近疲れました。

     

     

    大丈夫だ!ただ成長のペースがゆっくりなだけなんだ!

    そう思って頑張ってきたけれど。

    どんなにしても報われなさ過ぎて泣けてきました。

     

    実際、泣いてられないんですけどね。

     

     

    ありがたい話なんて別に聞きたくないんだよ。

    ラインでソースばっかり送ってこられても読む気もしねぇよ。

    もっと育児の汚い部分に参加しろよ。口出しだけじゃなくて。

     

     

    本当に空回りすぎですね。

    結膜炎からの体調不良がずっと続いているからかな。

     

     

    今日はしっかり食べて、しっかり寝て

    明日はスッキリ気分を変えてまた出発できればと思います。

     

     

    明日は、日曜参観の振り替え休日。

    幼稚園のクラスイベントで公園までお出かけしてきます。

     

    お弁当に何を入れようかな。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    参加中


    にほんブログ村


    育児 ブログランキングへ

     

     

    ブロトピ:ブログ更新しました

    ブロトピ:ブログ更新しました

    ブロトピ:今日の育児日記

     

    スポンサーサイト

    • 2018.02.12 Monday
    • 15:27
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      おつかれさま。
      子供の成長速度って、幼稚園に入るとそれより前よりも
      他人と比べてしまうようになるけれども、
      でもその子の個性もあるし、それこそスピードがみんな一緒ってのもあり得ないんじゃないかな?って思うんだけれど、どうなんだろう?
      うちのクラスにもいますよ。 びっくりなくらい落ち着きなくて
      ずーっと「おっぱい!!」って言いながら踊り狂っている子とか(笑)
      でもその子のお母さんは「やだもぅ」とかいいながら笑って見てます。
      毎回会うと泣いてる女の子もいます。
      絶対にお道具箱を持って帰らないとイヤだと言って
      必要もないのに、毎日お道具箱を持って帰る子とか。
      言葉で表現できないから、どうしてそうするのかは子供は説明できないけど
      きっと何か理由があるんでしょうね。
      発達の遅れ・・・?それは違うんじゃないですかね。
      だって息子くん、字が書けたり、絵も上手だし、お話しだって達者だし。
      3歳って反抗期って言うじゃないですか。だからちょっとした反抗とか?
      きっといつか幼稚園で「無理〜!!」って喚いてたことが笑い話になりますよ。
      ママが色々心配していると、お子さんも不安だろうから
      専門家に相談してスッキリするってのも良いのかもしれないけど、
      きっと成長の過程ですよ!!


      同じ3歳の娘がいます。
      息子さんとうちの子の性格がちょっと似ているなぁというか、悩んでいるところも似ていたのでコメントさせて頂きました。

      私の場合は子供の問題というよりも自分の自信のなさが、子を「育てにくく」してしまってました。
      下に貼った男性保育士さんのホームページのサイトを是非読んでみてください。
      サイト内検索で悩んでいることを検索してみると過去記事がたくさん出てきますよ。

      難しいことを書いてあるように思えますが、書いてあることは一貫していて、「子供の尊重」「受容」「親自身の自己肯定」がテーマになることが多いです。
      どのテーマも実例が書いてあるのでわかりやすいです。

      「子供の尊重」とは子供の言うなりになることでも、親の意見を押し付けることでもなく、また冷たく突き放すことでもありません。

      うちも自分で食べられないと良く泣きますが、幼稚園に行って頑張っているからとやってあげるのは「子供を尊重」していることにはなりません。
      きっぱりと「自分で食べましょう」と言います。
      食べなくてもお腹が空いて眠れなくても一貫して言い続けなければならないことです。

      こんな厳しさの一方で「怒る」や「叱る」ことは基本的に必要ないとおっしゃっています。
      どんなに癇癪を起こしていても、親は淡々と自信をもって「諭す」「教える」のみです。
      時間はかかりますし、忍耐もいります。怒る方が楽です。
      しかし「必ずこの子はわかってくれる」という信頼を我が子に示すことで、子も親を信頼してくれる。この積み重ねが年を重ねるごとにどんどん大きくなっていきます。

      うちは30%くらいしか実際にできてませんが、この考えが頭にあるのとないのでは子供への接し方が全く違ったと思います。

      長くてすいません。
      いつも更新楽しみにしてます。
      一緒に頑張りましょう!

      http://hoikushipapa.blog112.fc2.com/
      • おおむ
      • 2017/06/12 11:42 PM
      うずら太郎さん>コメントありがとうございます!
      他の子と比べる必要なんてないとはわかってはいたはず。
      それなのに日曜参観のグダグダっぷりをみると落ち込んでしまいました。

      さすがに「おっぱい!!」と踊り狂うことはありませんでしたが(笑)
      座っている途中でたまに立ち上がったり、タオルを頭にのせたりしておりました。
      うーん。たくさん人がいて落ち着かなかっただけなのかな?
      連絡帳で「いつもの息子君でしたよ」とありましたので、
      あの光景はよくあることなのかもしれません。
      お道具箱の子のように息子なりになにか理由があるのかもしれませんね。

      発達相談は1歳半から通っておりまして、今回は集団生活が始まってどうですか?ってところをみるのだと思います。
      こだわりが強く、人との距離の取り方が苦手という面があります。
      言葉の遅れは全くなかったので「アスペルガー」なのかなと。
      前回の相談の時に、次で診断を受けるかどうか決めましょうということになっていたので
      ついにこの時がきたかーという気持ちでもあります。


      今のグダグダも笑い話になるときがくればいいな♪
      息子とともに乗り越えて行ければと思います。
      • ウル
      • 2017/06/13 8:55 PM
      おおむさん>コメントありがとうございます!
      さっそく記事を読ませていただきました。

      もしかして私も自分の自信のなさが育てにくくしてしまっているのでしょうか?
      当てはまることがちょくちょくあってドキッとしてしまいました。
      おそらく私は過保護・過干渉なのだと思います。
      子どもの考える力を奪っていたのかーと反省しました。

      凹んでいても仕方ないので、ここからどうするか考えなくちゃですね。
      息子の場合、放っておいても全く食べず普通に寝ちゃいます。
      食べることにあまり興味がないというのもあるのかもしれません。
      体重が増えないからとついつい甘やかしてしまうことがあったのですが、心を鬼にですね。

      何言ってもダメじゃん。聞かないじゃんと諦めず、根気よく伝えていくことが大事ですね。
      怒っちゃう方が楽はその通りかも。。。
      よし!がんばるぞ!

      仲間がいると思えば心強いです。
      あたたかいお言葉ありがとうございます。
      前を向いて歩いていきます。
      • ウル
      • 2017/06/13 9:09 PM
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>

      フォローはこちらから

      LINE@の登録はこちらから

      友だち追加

      参加中


      育児ランキング

      にほんブログ村 子育てブログへ
      にほんブログ村

      link

      ウルへのメッセージはこちらから

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM